自己破産できる回数ってきまってますか?~2回目の自己破産~

自己破産できる回数ってきまってますか?~2回目の自己破産~

自己破産できる回数ってきまってますか?~2回目の自己破産~

返済が不能になり、自己破産をする人が増加傾向にある現代ですが、一度自己破産をしてもまたすることは可能です。
ただ、初回と違い二回目は条件がかなり厳しくなります。
まず、初めの自己破産から7年が経過していることが前提になります。
それは、7年が経過していないと免責許可が下りない為です。
この免責がおりないと債務整理をすることはできません。
また、二回目は自己破産が出来ないというケースというのがあります。
通常は、自己破産した場合借金をすることは不可能です。
貸してくれる会社がないからです。
クレジットカードも保有することができません。
こうしたことから、通常は借金ができないのが普通です。
それでも二回目の借金ができるというのは、裁判所からみると反省しておらず、更生の余地が無いと見られます。
通常なら、自己破産は何回でもすることができます。
ただ、破産宣告を受けることができても免責が認可されないと借金は残ります。
そして、その債務に対して債務者から一括請求されることになります。
ただ、特例として前回の理由が生活苦からの借金であり、二回目の借金は保証人になったことでの債務の場合は事由が違うので裁判所も免責を認めるケースがあります。
ただ、安易に最後は破産を、考えることは間違いです。
一度の自己破産で、借金の恐さを忘れずに自分の収入に見合う暮らしを真面目nしていくことです。
二回目は、ほとんどできないと考える方が賢明です。