自己破産の条件について|債務整理・自己破産手続きガイド|

自己破産の条件について|債務整理・自己破産手続きガイド|

自己破産の条件について|債務整理・自己破産手続きガイド|

自己破産ができる第一の条件は、支払い不能の状態になっていることです。支払い不能の状態とは自動車や不動産など借金の返済にあてる財産を所有していないこと、借金返済のための金銭を調達することが不可能なこと、返済が滞っていること、客観的に見て弁済能力がないことなどがあげられます。明確な基準はありませんが、財産をすべて借金返済に回したあとの残債が、収入から生活費をのぞいた額で3年以内に返済できる金額かどうかが一般的な条件になるようです。
自己破産ができる第二の条件は、免責不許可事由に該当しないことがあげられます。自己破産は、申し立てをして裁判所に免責の許可をもらってはじめてできますが、誰でも免責の許可がおりるわけではありません。裁判所に虚偽の申告をしたり、ギャンブルによって借金をつくった場合には、免責が許可されにくくなります。また、自己破産の申請を行った後に特定の債務者に返済を行った事実があるときには、免責が許可されなくなります。また、自己破産をすることがわかっているのに、新たに借金をしたりクレジットカードで買い物をした場合にも免責が許可されなくなります。この場合は必ず免責が得られないわけではなく、一部免責になる場合もあります。ギャンブルによる借金の場合でも免責が許可される場合がありますので、免責不許可事由がある場合には、債務整理に強い弁護士にあらかじめ相談をしてから、手続きを進めることをおすすめします。