※ギャンブルで多重債務になった場合の自己破産について

※ギャンブルで多重債務になった場合の自己破産について

※ギャンブルで多重債務になった場合の自己破産について

ギャンブルが原因の借金の自己破産はできません。そもそも自己破産には借金の理由が浪費の場合にはできないためです。このギャンブルはまさに浪費そのものですから、裁判所に免責つまり自己破産の申し立てを行っても、却下されることになってしまいます。
ギャンブルの場合による借金については、この自己破産の方法が選択できない以上、別の方法を選択せざるを得ません。すなわち、民事再生や任意整理などの方法です。
民事再生の場合であれば、毎月一定額の収入がある場合には、借金の理由が問われないで借金の法的整理を行えるというメリットがありますが、その一方で3年間にわたって返済を計画的に行わなければならないということでもあります。計画的に返済が出来ずもし返済が滞れば、債権者側からこの返済計画の破棄を裁判所に申し立てられてしまいます。そうなってしまうと、借金は元に戻ることになるため、これは避けなければいけません。
つまり、この民事再生の場合では3年間の長期にわたって計画的に返済をしていきますから、自己破産とは違って一定の額の金額は借金を返済するということでもあります。ただ、計画に従って返済をし続けていきますので、自己破産とは異なり借金すべてではなく借金の総額の5分の1を返済することで残りを免除つまり免責してもらうということでもあります。
このように借金の理由等により自己破産を選択するべきかあるいは別の方法を選択するべきかは、その借金をした人の状況によると言えるでしょう。