自己破産の費用について【相談費用や書類取得にいくら掛かるの?】

自己破産の費用について【相談費用や書類取得にいくら掛かるの?】

自己破産の費用について【相談費用や書類取得にいくら掛かるの?】

債務整理の中でも最も返済の負担が軽くなる方法が自己破産です。なぜなら、自己破産だけが債務を完全にゼロにすることができるからです。しかし、それだけハードルも高いものになります。自己破産を行うためには裁判所で認可されなければならないからです。時間をかけて手続きをして、結果的に裁判所に認められなければ、平均6ヶ月という長い時間だけを浪費した上で、債務がより増えてしまうという可能性すらあります。

上記の理由で、自己破産では弁護士の存在が非常に重要になります。弁護士費用は平均的に20万円以上のところが多いようです。債務整理のほかの方法と比べて高額といえるかもしれません。しかし、過払い金返還による成功報酬などもないので、弁護士費用が想定外に膨らむということもありません。

自己破産をするような状況で、弁護士費用は平均的に高額になるというのは矛盾しているように感じられるかもしれませんが、多くの弁護士事務所などでは、分割払いや後払いなどを認めている場合も多いので、少しずつ返していけばよいとしているところも多いです。金融会社からの借金はなくなりますが、弁護士費用の支払いだけは残ってしまうということになります。

自己破産などの債務整理の場合は、特にお金の問題に直結することなので、あらかじめ費用面について、じっくり説明してくれるでしょう。将来的な支払いのことまで明確にした上で、債務整理を行うことができるのです。